包茎手術のおすすめ病院ランキングin名古屋 »  ここが知りたい包茎手術のホントのところ » 包茎にまつわる用語

包茎にまつわる用語

インフォームドコンセント

インフォームドコンセントとは、治療を受ける際、患者が医師から十分な説明を受け、治療の内容について合意することです。包茎手術の後にトラブルにならないよう、医師・患者の両社にとって大切なことです。

インフォームドコンセントは法律で定められている

インフォームドコンセントは、法律により定められています。医療法第1条の4第2項において、「医師、歯科医師、薬剤師、看護師その他の医療の担い手は、医療を提供するに当たり、適切な説明を行い、医療を受ける者の理解を得るよう努めなければならない」とされています。

包茎手術で十分な説明を受けることは重要

包茎を手術するにあたって、十分な説明を受けることは重要です。なぜなら、治療法によって仕上がりに大きな差がでる可能性があるためです。手術法によっては施術後に、ペニスの真ん中で皮膚の色が変わる「ツートンカラー」になってしまうこともあります。施術前のカウンセリングでは、納得がいくまで説明を受けましょう。

亀頭小帯

亀頭小帯とは、亀頭の裏側にある組織のことです。性感帯となっているので、包茎手術で亀頭小帯が切除され、性感が失われてしまうこともあります。

亀頭小帯は亀頭の裏側にある性感帯

亀頭小帯は、亀頭の裏側、亀頭と包皮の境目にある筋状の部分です。男性にとっては「もっとも敏感な性感帯」といわれています。俗に「裏筋」と呼ばれます。

亀頭小帯が切除されることもあるので注意

亀頭小帯は、包茎手術の手術法によっては、切除される可能性があります。亀頭小帯が切除されると、十分な快感が得られなるケースも。そのため、クリニックによっては、亀頭小帯を切除しない、特別なカット法を採用するところもあります。また逆に、早漏の手術は、強すぎる性感を抑えるために亀頭小帯を切除することもあります。

亀頭冠

亀頭冠とは、亀頭の根元側にある、エラの張った部分です。包茎の場合には、亀頭冠の張り出しが小さくなることがあります。

亀頭冠は女性が性感を得るために重要

亀頭冠は、俗に「カリ」とも呼ばれます。一般に、亀頭冠が大きく張り出しているほど、女性の性感が強くなるといわれます。亀頭冠により、女性の膣内が刺激されるためです。

包茎だと亀頭冠の張り出しが小さくなることがある

包茎の場合には、亀頭冠の張り出しが小さくなることがあります。常に包皮に覆われているために、亀頭が十分に成長できなくなるためです。そのため、亀頭冠の張り出しを大きくする「亀頭増大」の施術を受ける人もいます。

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、最初に治療を受けた医師とは別の医師に、治療法についての意見を求めることです。包茎手術についても、セカンドオピニオンを求めることが必要となる場合もあります。

セカンドオピニオンは治療を自己決定するための方法

治療の方法は、以前は、医師の決定に患者が従うのが一般的でした。しかし、インフォームドコンセントの考え方が広まり、患者も治療方法の決定に関わるようになっています。セカンドオピニオンは、そのような、治療法を患者が自己決定する風潮の延長に広まっているといえます。

包茎手術でもセカンドオピニオンが必要となる場合も

包茎手術でも、セカンドオピニオンが必要となる場合もあります。治療法によっては、施術の仕上がりが自分の思い描いていたようにならないことがあるからです。多くの包茎専門クリニックでは、カウンセリングは無料で受けられます。もし医師の説明に納得ができない場合は、セカンドオピニオンを求めるのが良いでしょう。

壊死

壊死とは、体の一部の組織細胞が、血流の減少などが原因となって死滅することです。カントン包茎は、最悪の場合にはペニスが壊死するおそれがあります。

壊死は血流の減少などが原因で起こる

壊死がおこる原因には、感染や物理的破壊、科学的破壊などいくつかあります。「血流の減少」も原因のひとつです。

カントン包茎はペニスが壊死することもある

カントン包茎は、通常時に包皮をむき、そのまま勃起してしまうと、むいた包皮が戻らなくなってしまうことがあります。そうなると、ペニスが締め付けられ、ペニス先端部への血流が減少します。最悪の場合には、そのままペニスが壊死することもあります。カントン包茎の場合には、包茎手術を受けることがおすすめです。

保険診療

保険診療とは、健康保険が適用となる診療のことです。包茎手術には、保険診療になるものと、ならないものとがあります。

保険診療は3割負担

保険診療においては、健康保険などの公的医療保険制度が適用されます。保険診療では、自己負担は3割です。ただし、保険診療の診療内容は限られています。保険診療で定められた以外の治療を受けたい場合は、治療費を全額負担する自由診療となります。

真性・カントン包茎は保険診療で手術が受けられる

包茎手術の場合でも、真性包茎およびカントン包茎は、保険診療で手術を受けられす。包皮を手で剥けない真性・カントン包茎は、性行為もままならないため「病気」とみなされるためです。そのため、手で剥けて機能的に問題のない仮性包茎は、保険診療とはなりません。

名古屋で評判の包茎手術クリニックランキングはこちら

名古屋で評判の包茎手術クリニック一覧

包茎手術で失敗しないためのクリニック選び

ここが知りたい包茎手術のホントのところ

包茎の種類と手術方法

包茎・包茎手術に関するQ&A

包茎に悩む一方、手術を迷っている人は多い?!

名古屋で評判の
包茎手術クリニック
3選

名古屋中央クリニック

名古屋中央クリニック

仮性包茎

50,000円

真性・カントン包茎

120,000円

公式HPで詳しく

ABCクリニック
名古屋院

ABCクリニック 名古屋院

ABC式CSカット

50,000円

ABC式Sカット

120,000円

公式HPで詳しく

アネシス
美容クリニック

アネシス美容クリニック

環状切開法

60,000円

※手術費用には麻酔代・薬代・アフターケアも含まれている。

公式HPで詳しく