包茎手術のおすすめ病院ランキングin名古屋 »  ここが知りたい包茎手術のホントのところ » 包茎手術で使われる糸について

包茎手術で使われる糸について

溶ける糸と溶けない糸で包茎手術の傷口は変わる?

包茎手術の治療では主に溶ける糸(吸収糸)と溶けない糸(非吸収糸)の二種類が使われています。

病院のコンセプト・ポリシーや手術内容次第ですが、手術を受ける場合はどのような特徴があるのか、違いについてあらかじめ知っておくと判断がしやすくなります。

傷口がきれいに仕上がるのは溶けない糸(ナイロン)

「傷口がきれいに仕上がるか」を考えると、溶けない糸の方が優れています。溶ける糸と溶けない糸の違いは「体の中で使うか、外で使うか」です。溶けない糸は必ず抜糸する必要があります。傷口がしっかりと結合・癒着したのを確認してからの抜糸となりますが、傷口は時間と共に良くなっていくのが一般的です。

溶ける糸の特徴

溶ける糸は主に体の中に使われるものです。表現として「溶ける」と使われているのですが、実際には「溶ける」よりも「ちぎれる」といった方が良いでしょう。

体の水分に反応して溶けるので、血管をつなぎ合わせるなど、体内の治療に於いて用いられます。溶けるタイミングは時間の経過に任せることになります。

溶ける糸のメリットは手術を受ける側にあります。溶けるということは、抜糸の必要がありません。溶けない糸は必ず抜糸して「治療完了」になるので、術後に抜糸のため再び病院まで足を運ばなければなりませんが、溶ける糸の場合は抜糸の必要がありませんので一度の治療で終わります。

溶けない糸の特徴

溶けない糸は主に体の外側の治療に使われます。糸で皮膚を繋ぎ合わせ、皮膚の癒着を待った後に抜糸します。抜糸しなければならないので再度通院しなければならないのですが、抜糸のタイミングは傷の状態を確認しながらとなるため、口が綺麗に仕上がりやすい点が特徴です。抜糸の手間がかかるにせよ、美しい仕上がりが期待できる治療です。

包茎手術で大事なのは信頼できるクリニック

溶ける糸・溶けない糸それぞれについてチェックしてみましたが、包茎手術において最も大切なことは信頼できるクリニックであるかです。

包茎手術は男性にとって、男としての尊厳を賭けた大切な治療です。包茎手術でネガティブなことがあれば、機能面のみならず、精神的な面でも大きな負担を負うことになります。

いわば「失敗が許されない治療」になりますので、実績等を確認し、信頼できるクリニックでの治療が大切です。クリニック選びの際、安さや「抜糸不要なのでその日のうちに」といった謳い文句が目に入るかと思いますが、それだけで選ぶのではなく、どのようなクリニックなのかチェックした上で選ぶと良いでしょう。

名古屋で評判の包茎手術クリニックランキングはこちら

名古屋で評判の包茎手術クリニック一覧

包茎手術で失敗しないためのクリニック選び

ここが知りたい包茎手術のホントのところ

包茎の種類と手術方法

包茎・包茎手術に関するQ&A

包茎に悩む一方、手術を迷っている人は多い?!

名古屋で評判の
包茎手術クリニック
3選

名古屋中央クリニック

名古屋中央クリニック

仮性包茎

50,000円

真性・カントン包茎

120,000円

公式HPで詳しく

ABCクリニック
名古屋院

ABCクリニック 名古屋院

ABC式CSカット

50,000円

ABC式Sカット

120,000円

公式HPで詳しく

アネシス
美容クリニック

アネシス美容クリニック

環状切開法

60,000円

※手術費用には麻酔代・薬代・アフターケアも含まれている。

公式HPで詳しく