包茎手術のおすすめ病院ランキングin名古屋 »  ここが知りたい包茎手術のホントのところ » 包茎手術の失敗を対策するには

包茎手術の失敗を対策するには

包茎手術にまつわるトラブルが近年増えています

包茎に悩んでいる方のなかで、手術をうけるかどうかで迷っているという方は多いのではないでしょうか。包茎手術を専門に行うクリニックの数も多数あり、クリニックが出している広告を雑誌や新聞などで目にする機会も多くなりました。

ですが、「今すぐ手術しないと手遅れになる」といったトークで、高額な手術の即日施行を強要するようなクリニックもあります。2016年に国民生活センターが注意勧告を行っている点に注意が必要です。

強引なクリニックによって起こるトラブルから身を守るためには、クリニックの選び方や起こりうるトラブルを予想すること、正しい知識を理解する点が大切といえます。

どうやってクリニックを選んだらいいの?

包茎手術といっても、保険適用外になるものとならないものがあります。仮性包茎の場合、包茎手術は保険適用外となります。保険が適用される包茎手術は、真正包茎、カントン包茎である場合のみです。

真正包茎やカントン包茎であっても、保険適用となるのは、病院の泌尿器科や一部の泌尿器科クリニックでの包茎手術に限られ、美容外科クリニックや包茎治療クリニックでの包茎手術は保険適用外となります。

適切な包茎治療を受けるために、自分自身の包茎のタイプはどの医療機関で治療するのが良いのかを理解することが失敗しないために必要なことです。

トラブル例その1:保険適用内だったのに保険適用外での治療を強要された

上記のように包茎治療では、仮性包茎の治療の場合には保険適用外となるため、決して安くはない治療費がかかります。真正包茎およびカントン包茎の治療は、保険適用が可能なため、比較的安価に包茎治療を受けられます。

ですが、悪質なクリニックは保険適用できる包茎であっても、事情を知らない方保険外の治療を薦めることもあるので注意が必要です。保険適用できるはずなのに、高額な手術費を請求され、というトラブルは起こりうるもの。「今手術しないと手遅れになる」といった強い言葉を使い、提示された金額をすぐに用意できないと伝えれば、ローン会社を紹介してくるクリニックが国民生活センターに報告されています。

トラブルを避けるためには、カウンセリングから即日で手術を受けるのは注意しなくてはなりません。クリニックの医師やスタッフの話を聞くだけでなく、二つ以上のクリニックで診察を受け、判断する材料を持つようにようにしましょう。

トラブル例その2:追加施術で費用が何倍にも膨れ上がってしまった

また、同様に、雑誌や新聞での広告では比較的安価で常識的案な手術費を提示していたが、実際に診察に行くと必要のない追加施術を勧められ、広告で提示していた金額の10倍以上の手術費を要求された、といったトラブルも報告されています。

自分が受けたい治療をまず受けるように心がけましょう。金額についても、都度都度はっきりとさせていくことが大事です。

名古屋で評判の包茎手術クリニックランキングはこちら

名古屋で評判の包茎手術クリニック一覧

包茎手術で失敗しないためのクリニック選び

ここが知りたい包茎手術のホントのところ

包茎の種類と手術方法

包茎・包茎手術に関するQ&A

包茎に悩む一方、手術を迷っている人は多い?!

名古屋で評判の
包茎手術クリニック
3選

名古屋中央クリニック

名古屋中央クリニック

仮性包茎

50,000円

真性・カントン包茎

120,000円

公式HPで詳しく

ABCクリニック
名古屋院

ABCクリニック 名古屋院

ABC式CSカット

50,000円

ABC式Sカット

120,000円

公式HPで詳しく

アネシス
美容クリニック

アネシス美容クリニック

環状切開法

60,000円

※手術費用には麻酔代・薬代・アフターケアも含まれている。

公式HPで詳しく