包茎手術のおすすめ病院ランキングin名古屋 »  包茎の種類と手術方法 » 真性包茎

真性包茎

日本人男性の多くが悩んでいる、真性包茎について、概要、デメリット、手術方法について解説します。

真性包茎とはどんな状態なのか?

ペニス全体を包皮が覆っている状態が、真性包茎です。亀頭が完全に覆われていて、自分ではムクことができません。

 

同じく亀頭が完全に覆われていても、自分の力でムクことができるのであれば、それは真性包茎ではなく「仮性包茎」です。また、真性包茎の人が無理矢理皮をムクと亀頭の途中で皮が止まってしまい、元に戻せなくなったタイプの包茎は「カントン包茎」と呼ばれます。

 

よく誤解されがちですが、生まれたときは誰しもが包茎です。ただ、通常、生まれてから青年期くらいまでは、ほとんどの男性のペニスの亀頭部分は皮で覆われていますが、成長すると共に自然にムケます。ただし、真性包茎の場合は、亀頭部分を覆っている包皮口が狭くて、亀頭部分が表に出られず締め付けられていたり、包皮と亀頭がくっついた状態になっていたりします。

 

包皮内に雑菌や恥垢が溜まりやすくなり、亀頭包皮炎や尿路感染症といった病気を引き起こすこともあります。

 

また、勃起時にも亀頭が皮を破ることができませんので、激しい痛みを伴い、性生活を楽しむどころかマスターベーションをすることすら困難です。

 

このように、真性包茎であることのメリットはほぼ皆無と言えるでしょう。そのため、青年期以降で真性包茎ならば、手術などで包皮から亀頭を出してあげることを強くおすすめします。

 

ちなみに、日本人の男性のおよそ62万人くらいが、真性包茎であるという統計データもあります。日本人にこれほど真性包茎の人が多いのは、宗教や地域の文化が関係しています。例えば、欧米では幼少期に包茎手術を親が子どもに受けさせることも珍しくありませんし、中東の一部のイスラム教やユダヤ教では「割礼」といって生まれてすぐに包茎手術を行うこともあるのです。

 

このように、日本は真性仮性に関わらず、世界的に見ても比較的包茎の人が多い国だということは頭の片隅に置いてください。もし、今真性包茎で悩んでいる人は「真性包茎は何も特別なことではない」「手術をすれば確実に治せる」「そのまま放っておくとさまざまな問題が発生する」ということをしっかりと認識しておきましょう。

 

真性包茎の問題点とデメリット

このように、真性包茎は「痛い」「不潔」「病気になりやすい」といった身体的デメリットだけでなく、「セックスに自信が持てない」といった精神的デメリットも大きい状態です。パートナーがいる人は、自分だけなく相手も巻き込んだ問題を抱えているといっても過言ではありません。もし青年期を過ぎて真性包茎の状態であるなら、一刻も早い手術をおすすめします。

 

真性包茎の手術方法を解説

一般的に、成長段階で自然に皮がムケなかった真性包茎は、手術か包茎矯正器具を使って治すしかありません。ただ、包茎矯正器具は一般的でなく、使い勝手も悪いことから、手術による治療が望ましいでしょう。

 

真性包茎の手術は、亀頭部分を覆う先端部分の包皮輪を取り除く手術法の、「亀頭直下埋没法」が基本となります。傷は亀頭の真下になり、シワで隠れてしまうため、パートナーに傷跡がバレるといった心配も少なくて済みます。

 

また、この他にも裏筋にある「包皮小帯」という部分を残し、自然な仕上がりを実現する「複合曲線作図法」という方法も代表的です。

 

どちらにせよ、皮の切除線は亀頭から3〜5mmほどの所に設定され、皮のあまり具合にあわせて切除する範囲を決めてくれるので、手術痕は目立ちません。

 

「包茎手術をすると跡が残ってセックスのときに恥ずかしい想いをするのでは?」と心配している人は安心してください。

 

なお、術後については、おおむね以下のような経過を辿ります。

このように、ダウンタイム(=術後の安静期間)はそれなりにあります。手術の内容や範囲自体は大掛かりなものではありませんが、手術部位が体の中でも特にデリケートなため油断は禁物です。日頃体を動かす仕事に従事している人は、あらかじめ担当医に仕事内容を伝えてダウンタイムの過ごし方を相談しておきましょう。

 

真性包茎手術の相場

包茎治療の相場は、包茎の種類によって異なります。また、仮性包茎を手術する場合は保険は適用できませんが、真性包茎の場合は保険適用となることもあるので、「安く済ませたい!」という人はしっかりリサーチしましょう。

 

ただ、保険適用となる手術を行なっている施設は泌尿器科の医師が他の病気の診療と一緒に行なっており、どうしても専門のクリニックに比べると仕上がりが落ちてしまいます。そのため、仕上がり重視の人は費用は高くなりますが保険適用外で手術するのがおすすめです。

 

以下は、代表的な施設の包茎手術の一覧です(価格はすべて税込)。

 

施術内容 名古屋中央クリニック 上野クリニック ABCクリニック みどりクリニック
※保険適用施設の例として紹介
仮性包茎 7万5,600円 7万7,760円 5万4,000円〜 12万9,600円〜
真性・カントン包茎 16万2,000円 16万2,000円 3,500円〜(保険適用)
小帯温存(V字切開)
※通常よりも自然な仕上がり
7万5,600円 扱いなし
重度狭窄解除
※症状が重度の場合
5万4,000円

 

このように、保険適用外の専門クリニックで手術した場合は「8〜16万円」、保険適用の泌尿器科で手術した場合は「数千円」が大体の相場です。価格だけを見ると保険適用とそうでない場合は10倍以上の差があります。ただ、その分先にも触れた通り仕上がりや担当医の実績が大きく異なるため、自分が包茎手術で何を重視しているのかはっきりさせておいた方がよいでしょう。

 

また、施術に使用する人はナイロンにするか、そのまま吸収される糸にするかでまた費用が変わってきます。吸収される糸は抜糸の必要がないため体への負担が少ないものの、治療費はやや割高です。

 

真性包茎の手術をするときにおすすめの名古屋にあるクリニック

名古屋中央クリニック

他院からの紹介が9割を超える、「医師が認めるクリニック」。美容外科を併設しているため仕上がりも抜群。無料のアフターサービスなど、手術以外のフォローも充実しています。

 

ABCクリニック 名古屋院

全国に14施設を展開するABCクリニックの名古屋院。グループ全体で年間約2万件の手術実績を誇るため、安心して手術に臨めるでしょう。電話が恥ずかしい人や仕事で忙しい人のために、オンライン予約やメールでの無料相談も受け付けています。

 

アネシス美容クリニック

院長は日本美容外科の専門医の認定を受けており、その知識と経験には一定の信頼がおけます。包茎手術で気になる「痛み」を最小限に抑える最新の治療技術により、ほぼ無痛で手術してもらうことが可能です。

 

東京ノーストクリニック 名古屋院

包茎手術専門医院として25年以上の実績を誇る東京ノーストクリニックの名古屋院。その道一筋で鍛え上げられた手術の腕は確かです。また、名古屋で手術をした場合でもアフターケアは全国の系列院で無料対応してくれます。

 

 

 

上野クリニック名古屋院

「一歩上の男へ」のキャッチコピーでお馴染みの全国的に有名な上野クリニックの名古屋院。「包茎手術の代名詞」として用いられることも多い、人気のクリニックです。また、手術後は24時間いつでも電話サポート対応をしてくれるため、安心して手術をすることができるでしょう。

名古屋で評判の包茎手術クリニックランキングはこちら

名古屋で評判の包茎手術クリニック一覧

包茎手術で失敗しないためのクリニック選び

ここが知りたい包茎手術のホントのところ

包茎の種類と手術方法

包茎・包茎手術に関するQ&A

包茎に悩む一方、手術を迷っている人は多い?!

名古屋で評判の
包茎手術クリニック
3選

1位

名古屋中央クリニック

名古屋中央クリニック

仮性包茎

50,000円

真性・カントン包茎

120,000円

公式HPで詳しく

2位

ABCクリニック
名古屋院

ABCクリニック 名古屋院

ABC式CSカット

50,000円

ABC式Sカット

120,000円

公式HPで詳しく

3位

アネシス
美容クリニック

アネシス美容クリニック

環状切開法

60,000円

※手術費用には麻酔代・薬代・アフターケアも含まれている。

公式HPで詳しく