包茎手術のおすすめ病院ランキングin名古屋 »  包茎の種類と手術方法

包茎の種類と手術方法

包茎の種類を説明し、それぞれどのような対処をすべきなのかを解説します。

人それぞれのペニスで異なる包茎の種類

男性 包茎

包茎とは亀頭の部分に皮が被った状態で、ほとんどの男性が、生まれた時はこの状態です。

成長の過程ともに自然にこの包皮がめくれ、亀頭が露出してくるのですが、ムケる力が弱いと、包皮がめくれず、皮を被った状態のままで成人してしまいます。これが包茎です。

包茎には真性包茎やカントン包茎、仮性包茎といった種類があります。詳しくは後述することにしましょう。

なによりも、包茎のままでは衛生状態が悪く、雑菌が亀頭と包皮内に繁殖してしまうこともあるのです。また、見た目が悪いばかりか、早漏や痛みで性行為自体が楽しめないといったデメリットも多くあります。

男ならムケないよりは、ムケている方がいい。“ひと皮ムケた”なんて表現もあるくらいですからね。

包茎が解消されれば病気の心配も減りますが、何よりも性行為自体が楽しくなるでしょう。包茎による痛みに邪魔されませんよ。しかも、自分だけでなく、女性器にもしっかりと刺激を与えることができるため、パートナーからも喜ばれるでしょう。

日常生活においては、亀頭がいつも露出されるので、下着などに直接触れることになります。そのため、亀頭が刺激に対して強くなり、結果として早漏が解消されます。早漏じゃなくなると、結構自信がつくものですよ。女性にも喜ばれますし。

適切な包茎手術で治療すれば、そんな素晴らしい世界を、誰もが手に入れられるのです。

完全にムケていない方は、まずは自分がどういう状態の包茎なのかをチェックしてみましょう。その上で、最適な包茎手術方法をあらかじめイメージしておけば、いざ病院やクリニックで医師からカウンセリングを受ける時でも、余裕を持って相談できるでしょう。

真性包茎

真性包茎は、皮が亀頭全体を覆っており、自力ではその皮を剥くことができないタイプの包茎です。通常、成長するにしたがって皮は自然と剥けて亀頭が露出していきますが、真性包茎の場合は自然に剥けることはありません。そして、そのまま亀頭と皮がくっついてしまうのです。こうなると自力で皮を剥くことが難しくなり、矯正器具や手術を活用しないと皮を剥くことができません。真性包茎になると、亀頭が露出していないため皮と亀頭の間に恥垢が溜まりやすく、尿路感染症などの病気にもかかりやすくなってしまいます。

参考:皮膚39 巻 (1997) 6 号 p. 624-628日本皮膚科学会大阪地方会:陰茎部に生じた開口部形質細胞症の1例 (1997) 6 号[PDF]

また、亀頭が先細りするだけでなく、勃起時に痛みを伴うためマスターベーションやセックスにも一苦労するでしょう。

カントン包茎

カントン包茎は、皮を剥いたときに皮が亀頭のカリ部分を締めつけ、そのままの固定されてしまうタイプの包茎です。包茎の人が無理に皮を剥こうとするとカントン包茎になってしまうことがあります。カントン包茎になってしまうと、皮で亀頭がカリが締めつけられるため激痛に襲われるだけでなく、亀頭の血流が悪くなり鬱血、最悪の場合は壊死してしまいます。そのため、もし自分がカントン包茎だと自覚のある人は、早急に病院を受診しましょう。また、皮と亀頭の間に恥垢が溜まりやすいため、性病や性感染症のリスクも高くなるだけでなく、マスターベーションやセックスも満足に行えなくなります。

仮性包茎

仮性包茎は、勃起時は亀頭が露出するものの、通常時は亀頭が包皮を被っているタイプの包茎です。このタイプの包茎は日本人にもっとも多く、勃起時は普通に皮が向けるためセックスもできますし、痛みもありません。そのため、そのまま放置する人も多いという現状があります。ただ、普段は亀頭が皮に覆われているため刺激に弱く早漏になりがちですし、亀頭粘膜が弱いため性病や性感染症を発症する確率も高くなってしまいます。また、そうした具体的なデメリットだけでなく、「セックスのときに相手に満足感を与えられない」「皮が被っていることがコンプレックス」など、精神的な負担を感じる人も少なくありません。

潜在性仮性包茎

潜在性仮性包茎は、本当は仮性包茎にもかからわず亀頭が露出しているタイプの包茎です。包皮を下に引き下げたときに、亀頭の根元部分に「絞約輪」という狭い部分ができた場合は、潜在性仮性包茎の可能性があります。一見すると包茎ではないため放置してしまいがちですが、余った皮が炎症を起こしてかゆみや痛みを伴ったり、炎症が悪化して亀頭の病気になってしまうケースもあります。このタイプは真性包茎やカントン包茎と違って「自分でも痛みを感じるデメリットがわかりやすい包茎」ではないため、炎症が起こってから慌てて病院を受診するようなケースも珍しくありません。リスク管理のためにも、もし包皮を引き下げたときに輪っかような狭い部分ができる場合は、病院受診をおすすめします。

包茎手術の種類

包茎手術

実際に包茎を治すための手術方法を分類して説明します。

それぞれ包茎の種類によって適した手術の種類は変わってきますし、保険適用の有無・費用にも違いがあります。また、包茎を直す目的によっても選ぶべき手術方法が変わってきます。

そこで、それぞれの手術法がどのような人に向いているか、逆にどういう人は向いていないかを明確にしながら特徴をご紹介していきます。

なお、手術内容はあくまで一般的な内容をご紹介しています。詳細は専門クリニックや泌尿器科での診察やカウンセリングで必ず確認するようにしてください。

環状切開術

環状切開術とは、包茎手術の最もポピュラーで昔から行われてきた手法です。簡単に説明すると余分な皮を切り落として剥けた状態になるように縫合する方法です。

真性包茎とカントン包茎については生活に支障をきたすレベルの包茎の場合には保険適用が効きます。保険適用が効くのは病院の泌尿器科での手術に限られます。

包茎専門クリニックで受ける場合や仮性包茎や潜在性仮性包茎には原則保険適用は効きません。費用を重視したい人は泌尿器科で受診をして保険適用が効くかを確認してみると良いでしょう。

最も扱われてきた手術法なので多くの病院やクリニックで対応しています。施術する医院を選ばないので、なるべく近くの通いやすい病院で施術を受けたいという方には向いているでしょう。

一方で、環状切開術は手術後のデメリットがあると指摘されています。縫合した部分を境に色が変わってしまう『ツートンカラー』と呼ばれる状態になってしまい見栄えが悪くなる。

または性感部分に影響を与えてしまって、性行為時に思うように快感を得にくくなってしまう場合があるといわれています。手術後の性行為の質にこだわりたい方には不向きな手術法になるでしょう。

背面切開術

背面切開術は、陰茎の背面の皮膚を縦方向に切って、横に開いて縫合することで包皮の縦方向を短くする手術方法です。環状切開術のように皮膚を切り落とすことがないので手術時間が短く体の負担が少ないのが特徴です。

一般的には、とりあえず軽度の仮性包茎の状態に持っていく手術法といわれています。真性包茎、カントン包茎、重度の仮性包茎の場合に採用される傾向があります。忙しいので軽度の仮性包茎でも構わないという人に向いているでしょう。

保険適用で手術されることは少数(環状切開術が多い)のようです。また、見た目が悪くなりやすい手術法なので、費用や術後の状態についてはヒアリング必須です。

亀頭直下埋没法

亀頭直下埋没法とは、余分な包皮を切り落とすまでは環状切開術と同じですが、亀頭直下のカリの部分で縫合することで見栄えが悪くなるデメリットを回避する手術法です。近年の包茎手術ではポピュラーで、様々なクリニックで採用されている方法です。

保険適用は効かないので費用面重視の人には向かない手術法ですが、術後の見た目が気になる方に向いている方法と言えるでしょう。感度については環状切開術と同じようにリスクが残ります。

亀頭直下埋没法の応用として、性感帯の裏筋部分を切らないで残す「小帯温存法」という手術法も開発されています。

根部環状切除術(根部形成法)

根部環状切除術(根部形成法)とは、根元で余剰包皮を切除し縫合する包茎治療の方法です。過去に複数のクリニックで「傷が毛で隠れる」として、採用されていた施術です。傷が目立ちにくい方法として複数のクリニックで行われてきました。

現在は、さまざまな理由から根部環状切除術を主体として治療するクリニックはほとんどありません。理由はいくつかあり、真性包茎やカントン包茎の場合は施術対象外となること。仮性包茎の場合でも、絞約部が全く無い場合のみ対象となるので、適応事例が少なくなるのです。

毛で傷が隠れるため目立たない点がメリットとされていますが、根本よりも前に傷がきてしまうため、必ずしも隠れやすいとは言えません。毛の長さなどによっては、手術での傷が目立ってしまう場合もあると考えておきましょう。

陰茎の根本には神経束や重要な血管がありますし、手術後に陰茎がむくんだり、腫れたりしたりといった事例もあります。根部環状切除術の手術内容によって、伸縮性に乏しい包皮内板が全て残るため皮膚が縮まらないリスクも考えられるのがネックです。包皮内板が残ると、亀頭下で若干ダブついたり、亀頭冠に多少包皮が被ったりしやすくなってしまいます。亀頭の下側の浮腫が長引き、修正手術を希望する事例もあるようです。

クランプを用いた包茎手術(クランプ法)

クランプとは、包茎手術専用の器具のことです。クランプを用いた包茎手術(クランプ法)があります。クランプ法は元々幼児を対象とした施術方法でしたが、成人でも行える手術方法です。

この手術は、比較的容易に包茎手術を安全に行うことができることが特徴といえます。高度な技術を必要としないので、パートやアルバイト医師などが手術を行っている場合に行われるケースが多いとされています。

クランプを用いた包茎手術のメリットは、高度な技術が必要なく比較的簡単に行える点です。手術時間は短く、およそ10分から15分ほどで終わります。手術中・手術後の出血がほとんどないこともメリットでしょう。

一方でクランプを用いた包茎手術のデメリットは、亀頭下より傷が根元に下がりやすいため、普段から傷が見えてしまうことがあげられます。内板包皮が残りやすいため、傷を境にツートンカラーのような色の違いがクッキリと分かれてしまうのもデメリットです。

固く盛り上がってしまう問題もありますが、これは縫合部周辺組織がクランプに潰された状態になることが原因。治りが悪くなるケースもありえます。レーザーメスを併用する施術もあり、傷口が目立ちやすくなる場合も。レーザーの熱により、皮膚がダメージを受けるためです。

名古屋で包茎に困っている人は専門施設を検討してみよう

ペニスの形や長さは人それぞれなので、単純に大きいから悪い、短いからダメというわけではありません。しかし、包茎であった場合はペニスが不潔になりやすいだけでなく、そこから性感染症に繋がることもあります。

また、勃起時に痛みを伴うため、自分だけでなくセックスパートナーを満足させることも難しくなるでしょう。包茎は特別な状態ではありませんし、診察を受けて手術をすればちゃんと治すことができます。

病院を受診するのは少し恥ずかしい人もいるでしょうが、こうした施設は匿名性に配慮がしているところが多いため、周囲に通院がバレたり、知り合いと鉢合わせしてしまうことはほぼありません。もし包茎で悩んでいるようなら、一度病院を受診してみてはいかがでしょうか。

名古屋で評判の包茎手術クリニックランキングはこちら

名古屋で評判の包茎手術クリニック一覧

包茎手術で失敗しないためのクリニック選び

ここが知りたい包茎手術のホントのところ

包茎の種類と手術方法

包茎・包茎手術に関するQ&A

包茎に悩む一方、手術を迷っている人は多い?!

名古屋で評判の
包茎手術クリニック
3選

名古屋中央クリニック

名古屋中央クリニック

仮性包茎

50,000円

真性・カントン包茎

120,000円

公式HPで詳しく

ABCクリニック
名古屋院

ABCクリニック 名古屋院

ABC式CSカット

50,000円

ABC式Sカット

120,000円

公式HPで詳しく

アネシス
美容クリニック

アネシス美容クリニック

環状切開法

60,000円

※手術費用には麻酔代・薬代・アフターケアも含まれている。

公式HPで詳しく